サップ入りココボロ材を使用した極上モデル!

Taylor アコースティックギター
最近ココボロ材はよくアコースティックギターで使われるようになりましたね~

ただ、よく使われるようになったとは言え、高級木材ですのでやはり値が張ります。

※ココボロ材ってどんな木材??かは下記ページをご覧ください!

http://i1484.jp/2014/09/%E3%82%A2%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AE%E3%82%BF%E3%83%BC-cocobolo%EF%BC%88%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%9C%E3%83%AD%EF%BC%89%E6%9D%90%E3%81%AE%E9%AD%85/report-2841.html

ココボロはよくムンクの叫びのようなうねった、サイケデリックな木目が印象的ですが、それだけではございません!

「サップ(白太・辺材)入り」のココボロは見た目の印象が強く、色合いのコントラストも絶妙です!!

4

 

サップ入りのココボロ材は希少です!

そういえばTaylor Factory Tour時に、ココボロの大きな角材がありました!!

1 2

 

もう絵画のようですよね~~♪天然の産物でありながらも芸術性を感じさせてしまうとは・・・

ココボロはもともと油分を多く含む木材で、ローズウッド系ではありながらも、その腰というか粘りというか・・・そういったものが含まれるサウンドはココボロ独特のものですね~~♪

今回当店に入荷した

Taylor Custom 12Fret GCe-C ES2 【2015 NAMM Show Model】

は、もう芸術的な木目です!!

3 5

 

しかも深みのある12フレットジョイント!!

1本のみの特別なモデルですので、是非!!

Category