KAMINARI YOKOHAMAが横浜元町・中華街にオープン!

エレキギター ベース
多くのアーティストが愛用する良質なシールドケーブルやカスタム・ギター/ベースをプロデュースするブランド「KAMINARI GUITARS」が横浜/元町・中華街に直営ギャラリーをオープン!

ゆったりとした時間の流れ、どこか懐かしさや情緒が感じられるこの場所をレポート!
KAMINARI enter
東急東横線・みなとみらい線「元町・中華街駅/3番中華街口」から徒歩で3~5分程度のところにギャラリー「KAMINARI YOKOHAMA」はある。

入口には、印象的なロゴネオンが光り輝き、木製枠ドアのガラスに描かれたロゴは「金」で描かれている。
Door logo

店内に入ると1Fにはギター・ベース・ストラップ・ケーブルなどの既に製品化されているKAMINARI GUITARSのアイテムをはじめ、ショー展示品・試作品やアパレルグッズがディスプレイされたショップとなっている。
KYG1F_1 KYG1F_2 KYG1F_3 KYG1F_4 KYG1F_5

独特な立体型ボディ形状のエレキギター。セットネック・ハムバッキングPU ×2・Wrapparoundテールピース仕様

1Fguitar_1 1Fguitar_4 1Fguitar_2 1Fguitar_5 1Fguitar_3 1Fguitar_6

KAMINARI GUITARSのアイコン的なモデル「Swinger」とDuosonic(デュオソニック)タイプの試作品
1Fguitar_7 1Fguitar_8

造形アーティストによりデザインされた展示モデルはギャラリーの中でも一際、異彩を放っていた。
1Fguitarbuilt_1 1Fguitarbuilt_2 1Fguitarbuilt_3 1Fguitarbuilt_4

エレキベースも数本展示されており、特にブラックカラーのYARDBIRDはなんと「漆塗り」!
1Fbass_7 1Fbass_8 1Fbass_1 1Fbass_2

ショートスケールの試作モデルの3弦・4弦ブリッジ部には弦のテンションを稼ぐためのオリジナルパーツが装着されている。
1Fbass_3 1Fbass_4 1Fbass_5 1Fbass_6

 

2Fに上がると迎賓館のような高貴な雰囲気のギャラリーフロアとなっており、今後は展示会などのイベントスペースとしても使用される予定とのこと。
2F_1 2F_2

ヴィンテージギターやKAMINARI GUITARS試作品の他に家具、アート絵画などが展示されている。
2F-g_1  2F-g_9
2F-g_8 2F-g_2 2F-g_5 2F-g_11 2F-g_10

KAMINARI GUITARSと縁の深い横浜出身のシンガーソングライター秦基博氏の直筆サイン入り「Sunrise」も展示されている。
2F-g_6

 

同社はライブハウス(横浜F.A.DやClub Lizard)も運営していることから、ここで培ったリレーションもあり、KAMINARI GUITARSは国内を中心に多くのアーティストに支持されている新鋭ブランドである。

実験的なデザインのプロトタイプも多く並んでいることから、今後、ギター・ベースのラインナップが順次増えていくことが期待できそうだ。既に高い人気を博している国産ケーブルシリーズだけでなく、ベルトとしても使用できる本革の国産ハンドメイド・レザー・ギターストラップも注目のアイテム。

KAMINARI YOKOHAMAではこれらを実際に手に取ることが出来、どなたでも気軽に入ることが出来るショップ兼ギャラリーだ。お土産や記念に最適なオリジナルグッズも販売しているので、是非立ち寄ってみてほしい。




《KAMINARI YOKOHAMA インフォメーション》
みなとみらい線 元町・中華街駅 3出口 を出て左 → セブンイレブンの交差点を左折 → 60m先パーキングの向かい

ky_map1
〒231-0023
神奈川県横浜市中区山下町81
Tel:045-319-4772

営業時間:11:00-20:00
定休日:火曜日




イシバシ楽器KAMINARI GUITARS商品ページはこちらから↓↓↓
KAMINARI LOGO_1

この記事を書いた人

小川 友也
1983年生まれ、2006年入社。現在はWEBSHOPプロダクトマネージャーとして勤務。フェイバリットであるロック、オルタナ、パンク、ラウド、エモだけでなく幅広い音楽に精通。野外音楽フェスティバルやライブハウスにも頻繁に足を運び、常に音楽とともに生活する日々を送っている。「音楽と楽器の魅力を皆様にお伝えしていきます!」