「2トラック同時」に再生可能なルーパー!

エフェクター
常に斬新で面白いエフェクターを世に送り出している、“electro-harmonix”(エレクロト・ハーモニックス)から

新製品、「22500 Dual Stereo Looper」(デュアル・ステレオ・ルーパー)が発表されました!

 

electro-harmonixのルーパーと言えば、これまでに、既に生産完了となった

“1983年に作られた世界初のルーパー”

06-605323922_l

“The 16 Second Digital Delay”(ザ・16セコンド・デジタル・ディレイ)や

10-606885822_l

“2880 Super Multi-Track Looper”(スーパー・マルチトラック・ルーパー)があり

 

その後、2880 Super Multi-Track Looperの後継機種となる、モニターアウトを装備し

100個のループをSDカードへ保存/呼び出しが可能となった

ehx-45000

“45000 Multi-Track Looping Recorder”(マルチトラック・ルーピング・レコーダー)が発売されました。

 

今回発表された、「22500 Dual Stereo Looper」は“45000 Multi-Track Looping Recorder”を簡略化させ

ループ部分のみを抜き出した“AとBの2トラック仕様のルーパー”となっております!

 

 

22500_back_c

インプットは楽器とマイクの2系統の入力が可能で、マイク入力部分は“コンデンサーマイクにも対応”できるファンタムパワーを搭載し

アコースティック・ギターや管楽器などの“生楽器にも対応”しております!
リズムパターンを“全16種類”を搭載しており、ガイドに合わせて録音が可能!

録音が苦手な方でも安心してご利用頂ける、録音時に入りのテンポがズレてしまった場合にフレーズの頭を自動調整してくれる

“クオンタイズモード”も搭載しております!
自分の作ったお気に入りのフレーズは付属の“8GBのSDHCカードへ保蔵”したり、USB端子を使用した

“Windows/Macへのバックアップとレストアが可能”なので、その日のライブによってどのフレーズを持って行くかを

事前に決めることができます!

AとBのトラックにはそれぞれに“リバース機能とオクターブ機能”を搭載しており、“AとBの同時再生が可能”なので

片方だけをリバースの状態にして再生するなど、トリッキーなループ演奏も可能となります!
また、オーバーダビングの途中で、“録音を失敗してしまったり”“フレーズが気に入らない場合”は、Undo機能により

最終録音のフレーズのみを消すことができ更に、“消してしまったけどやっぱり戻したい”と言った場合には

Redo機能を使えば元に戻すことが可能となっております!

 

 

22500fsw

更にオプションとして「22500 Foot Controller」を別途用意すれば足元だけで保存されているフレーズの

バングやパッチを呼び出すことが可能となり、ライブでの“スムースなパフォーマンス”が期待できます!

 



 

 

発売は“8月下旬”を予定しております!

22500

22500 Dual Stereo Looper

販売価格 42,336円  (税込)

22500fsw


22500 Foot Controller

販売価格 14,688円  (税込)

 

是非、ご予約頂きますよう宜しくお願い致します!

Category