「大ヒット・ギターアンプ」、YAMAHA THRから新シリーズの登場!?

ギターアンプ
YAMAHAのアンプと言えばロングセラーとなっているTHR10でございますが、

この度、そのTHRが新しいシリーズを発売するとのことで都内某スタジオへお邪魔してきました!

 

それがこちらです!!

IMG_2016

なんと、あのTHRシリーズにヘッドアンプが追加されます!

これは意外な進化でかなり驚きでした!

全部で2機種あり、先にご覧頂いたのは2chの仕様デュアルタイプ、「THR100DH」でございます!

続きまして、

IMG_2013

1ch仕様のシングルタイプ、「THR100H」

 

IMG_2047

それぞれ最大出力は100wとライブで十分に使えるパワーを持っており、クリーン、クランチからハイゲインまで

対応できる5種類のアンプモードを搭載!
もちろん真空管を使用していないソリッドステート・アンプとなりますが、そのサウンドは、さすが“YAMAHAのTHR!”

ということで、真空管さながらの威力を持っております!

それはYAMAHAのVCMテクノロジーによる、よりリアルなチューブアンプ・サウンドからコントローラーの

可変による真空管ならではの音質変化まで忠実に再現しているため、弾いていてソリッドステートであることを

忘れてしまうくらいの迫力を体感できるのです!

THR100HD2
デザインはよりシンプルになっており、1つのノブに1つの役割を持たせているため

初心者の方でも簡単に音作りが可能となります!
更にTHRならではの軽量型設計となり、THR100DHで4.2kg、THR100Hで僅か3.6kgという

自宅からスタジオやライブハウスまで電車でも持ち運びが楽にできてしまう国内需要に適した重量となっております。

 

IMG_2045

アンプの右側面には取手も付いてます!

 

SONY DSC

また、リアにはエフェクトループやUSB端子、ラインアウトがあり、本格的なアンプとしてご利用頂けます!

このライン出力にはIRスピーカー・シミュレーションをデフォルトで92種類が用意されており、ノイズの面も

考慮した、ローノイズで安定した出力を実現し宅録などのレコーディングでも活躍してくれるようです!

IMG_2041

USB端子をPC/MACへ接続すれば専用エディターによる画面上でのより細かいセッティングが可能となります!

 

そして注目すべきはこちら!

IMG_2018

これはTHR HEADだけが持っている新たな機能であり、5種類のパワー管、EL34、6L6GC、KT88、EL84、6V6を

自由に選択することが可能で、5種類のアンプモデルとの組み合わせによっては、かなり斬新なサウンドメイクも可能となります!

 

IMG_2014

更にクラスA/BとクラスAの2種類を選択できるので自分オリジナルなアンプサウンドを手に手に入れることが可能です!

SONY DSC

そして、3種類のブースターを搭載しており、1ch仕様のTHR100Hでも使い方によっては2ch仕様のアンプの様な

音作りも可能となります!

IMG_2050

こちらの付属の専用フットコントローラー(THR100H用)でございますが、先程のブーストのON/OFFから

リバーブの切替え、エフェクトループのON/OFFが簡単に行えます。

IMG_2019

デュアルタイプのTHR100HDであればチャンネルの切替えから、各チャンネルで設定しているアンプの音をミックスして

出力する事が可能なⅠ+Ⅱスイッチを搭載しており、更にスピーカーキャビネットへステレオ入力した場合、右側からチャネル1、

左側からはチャンネル2のサウンドを分けて出力されることも可能です!

 

このTHRのヘッドが発表と同時に、なんとYAMAHAからスピーカーキャビネットも発売されるようです!

それがこちらです!

IMG_2043

12インチの“Eminence Legend1218”を1基搭載した「THRC112」

IMG_2044

同じく12インチの“Eminence Legend1218”を1基と、なんとモデルの違った12インチスピーカー

“Eminence The Tonker”(右)を1基を搭載した「THRC212」の2機種をご用意!

IMG_2049

ヘッドに合わせて角に丸みを持ったデザイン。

IMG_2054

THRC112の裏側。

IMG_2053

こちらはTHRC212の裏側です。THR100HD用にちゃんとステレオ入力に対応しております。

どちらもクローズドバックでしっかりとした中低域を持ったサウンドを再生してくれます!

IMG_2042

そして取手の部分にはTHR-10のフロントパネルと同様のデザインが施されております!

 

IMG_2055

ヘッドとキャビネットを組み合わせるとこんな感じになります!

このコンパクトなサイズで100Wの出力!

更にパワー管のサウンドモデルの変更による豊富なサウンドバリエーションを持っております!

自分のアンプをまだ持っていない方の“ファースト・アンプ”としても

バンドワゴンによりハードな全国ツアーを周るようなプレイヤーさんの“メイン・アンプ”としてもおススメできるアンプでございます!

SONY DSC

発売日、販売価格はまだ未定となっておりますがお問い合せ等御座いましたらお気軽にどうぞ!

9/2追記
発売日と販売価格が決定となりました!!

ヘッドと専用スピーカーキャビネットのセットもそれぞれでご用意!

THR100H & THRC112


THR100HD & THRC212


10月1日発売予定!ご予約お待ちしております!

Category