【エフェクター通信.16】ヴィンテージCE-2とCE-2Wを比べてみよう!!

BOSS エフェクター エフェクター通信 ヴィンテージ
いつもイシバシ楽器のご利用誠にありがとうございます。
新宿店サブマネージャーの在原です。

前回の記事はいかがだったでしょうか!?ヴィンテージペダルだけでなく貴重なペダルも数多くストックしております。気になった方はお気軽に新宿店までお問い合わせくださいませ。
以前のエフェクター通信記事はこちらからご覧いただけます。ぜひご覧ください!!

【エフェクター通信.1】はこちらから
【エフェクター通信.2】はこちらから
【エフェクター通信.3】はこちらから
【エフェクター通信.4】はこちらから
【エフェクター通信.5】はこちらから
【エフェクター通信.6】はこちらから
【エフェクター通信.7】はこちらから
【エフェクター通信.8】はこちらから
【エフェクター通信.番外編】はこちらから
【エフェクター通信.9】はこちらから
【エフェクター通信.10】はこちらから
【エフェクター通信.11】はこちらから
【エフェクター通信.12】はこちらから
【エフェクター通信.13】はこちらから

【エフェクター通信.14】はこちらから
【エフェクター通信.15】はこちらから

早いものでエフェクター通信を16回目を迎えました。本来であれば前回の続き40TH ANNIVERSARY BOX シリーズの比較を行う予定だったのですが、ヴィンテージSP-1が諸事情によりご用意できなかったので次回以降に延期させていただきます。楽しみにしていた方、申し訳ございません。いずれ必ず比較を行いますのでその時までお待ちくださいませ。

さて、気を取り直していきましょう。今回は、こちらをご紹介します!!



もうお分かりですね!!2016年、オリジナルのコーラスが「技 WAZA CRAFT」から甦ったと話題になったCE-2WとヴィンテージのCE-2でございます。
ということで今回はヴィンテージCE-2とCE-2Wを比べていきたいと思います!!
それではさっそく!!





上が1979年製CE-2、下がCE-2Wでございます。モードスイッチやアウトプットの追加はありますが雰囲気は近いところがあります。水色ともいえる発色がいい表情を生み出していますね。やはりヴィンテージの方が色が薄いのと筐体が丸いです。1979年ころの個体は角が丸い個体が多く、やはり現行品とは違います。銀ネジと言われるネジも真似てはいますがやはり形の違いが見受けられます。CE-2Wは見た目的に現代っ子のような感じがしますね。

それでは内部です。


※左が1979年製CE-2、右がCE-2Wです。

見ての通り、違いが分かるかと思います。ヴィンテージCE-2は松下MN3007とMN3101を搭載、CE-2WにはCOOLAUDIO V3207DとV3102Dが搭載されています。CE-2WはCE-2では得られなかったステレオ出力による広がりを再現したり、CE-1の2つのモード、CHORUSとVIBRATOを搭載したりなどオリジナルCE-2コーラスを再現するだけでなく、CE-1コーラスの追加機能をしていますのでまったく違った回路をしています。

では最後にサウンドです。
※今回はCE-2を比べることがメインですのでCE-2WはSTANDARDモードで音出しをしました。

1979年製CE-2ですがエフェクトをオンした段階で若干ボリュームが上がるところがまず気になりました。中音域、低音域が非常に強調されることにより、アナログコーラスらしい暖かく太いコーラスサウンドを体験できます。より深くコーラス効果がかかりますので深くかけたい方にはピッタリです。ただし、中音域、低音域が強調されることで高音域が伸びづらくなりますので抜け感はなくなるのでクリアな感じではございません。
使い方を選ぶコーラスかと思います。

CE-2Wは、ヴィンテージCE-2に比べて非常にクリアなサウンドが特徴です。今時というか幅広いジャンルで使用できるオールラウンダーなイメージです。音量さもなく扱いやすいです。煌びやかでクリアなサウンドが特徴ですのでこちらの方がキレイにサウンドが聞こえるかと思います。さらにCE-2と比べてクリアで高音域に特徴がありますがヴィンテージCE-2の面影を感じられる非常に優秀なペダルです。BOSSブランドが繰り出す技 WAZA CRAFTの凄さを体験できます。

いかがだったでしょうか?

新ペダル・ヴィンテージペダルどちらが良いというわけでなくどちらのペダルも素晴らしいサウンドを奏でています。それでもサウンドは少なからず異なりますのでご自身に適したペダルを見つけてみるのが一番かと思います。

そしてタイミングよく新宿店では現在こんな企画をやっています!!

ヴィンテージBOSSペダルの在庫はこちらから

もちろんヴィンテージCE-2も多数揃えています。ヴィンテージ同士を比べるも良いですし、CE-2Wと比べてみることももちろん可能です!!
新宿店2F、PedalHolic(エフェクター専門フロア)では様々なペダルをストックしてますのでぜひご自身でサウンドを確かめてみて下さい。現代技術の素晴らしさ、ヴィンテージサウンドの素晴らしいさが体験できるかと思います。

この記事を書いた人

在原 央顕
スターキー星に師事。国内最高レベルのノウハウを持ったスタッフとして米国ギブソン・ファクトリーを定期的に訪問し、木材選定やカスタムオーダー、買付け等を行っている。その他にもJames TylerやSuhrなどのハイエンドギターにも精通している。フェイバリットミュージックは60~70年代ブルース・ブルースロック。特にB.B.キングやフレディ・キングを愛聴。数ある製品の中から皆様が相棒として相応しい、最高の1本を探すお手伝いをさせて頂きます。

Category